国の政策金融機関である日本政策金融公庫さんで
『起業家応援マガジン』というメルマガを毎月1回発行しています。

売れる!デザインで価値を高めるブランディング

そこで僕が
『売れる!デザインで価値を高めるブランディング』
というコラムを連載させてもらっています。

この連載は、中小企業や店舗、個人事業などの起業家で、
自分でチラシやホームページなどの販促ツールをつくる方向けです。
これからの起業をするためにはブランディングは必須の時代です。
ブランディングの付加価値をどのようにつくり、
他と差別化をしていくかということをお伝えしています。

そしてブランディングの付加価値は、
自分で思っているだけでは意味がありません。

相手(お客様)にそれを伝え、購買や来店につながることで
初めて付加価値となっていくのです。
そのためにチラシやWebサイト、名刺やパンフレットなどの
広告・販促ツールに自社のブランディングの価値を
どうやって表現するかもご紹介しています。

売れるデザインにはある程度の経験も必要ですが、
デザイナーでなくてもできるポイントがあります。
マーケティングやブランディングといったコラムでは珍しい
デザインの要素も多く盛り込んでいます。

 
この連載は全6回の内容で、
次回11月25日配信は第5回目です。
いよいよ後半の佳境になってきました!

 

次回11月25日配信のテーマは
~「欲しい!」と思わせる販促ツールデザインの戦略~実践編~です。

自社のブランド価値を表現して、
購買につなげる販促ツールの仕組みを
このようなチラシの参考例を交えてご紹介しています。

 

売れる!デザインで価値を高めるブランディング

 

販促ツールを見る人が、その商品・サービスに興味を持って、
「欲しい!」「買いたい!」「行きたい!」などと
思ってもらうまでの感情の変化があります。
その感情の変化をしてもらうため販促ツールの構成方法や
考え方をすることで、売れる販促ツールになっていきます。

僕が実際に広告・販促ツールをつくる手法を、
初心者向けにまとめたものでもありますし、
チラシ販促ツール作成セミナーでもご紹介しています。
この内容で多くの方が成果を出したというご報告もいただいています。
 

中小企業や店舗の方で、ブランディングに興味があったり、
ご自身でチラシやパンフ、Webサイトなどの
販促ツールをつくっている方はぜひ読んでみてくださいね。

この起業家応援マガジンはこちらの日本政策金融公庫さんの
Webサイトから無料で登録できます。
https://www.jfc.go.jp/n/service/mail_magazine.html

 

   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

 

このような執筆のご依頼もお受けしています。

また、小澤歩(有限会社グレイズ)への
ブランディングや広告・販促物企画デザインのご相談は
こちらのお問い合わせからご連絡ください。

 
執筆した書籍がおかげさまで増刷決定しました!

ブログ記事が面白かったり役に立ったと思っていただけたら
ぜひ下のfacebookいいね!などの共有ボタンで他の方にもご紹介くださいね^^
さらに詳しく「売れる」戦略を知りたい方は下のバナーからメルマガをご登録ください。

メルマガ〜売れるデザインのつくり方


Related posts:

  1. サロン向けブランディングのfacebookページを公開しました
  2. ビジネスで人間の究極の幸せを得る4つのこと
  3. 他のブランド・イメージで自社のメリットを想像させるには