あなたを認知する段階は2つ

あなたの商品・サービスが売れるために、そしてブランディングでも認知度を高めることが必要といいますが、認知には2つの段階があります。

ひとつめは自分たちの商品・サービスを表現するもの、例えばロゴや色、キャッチコピーなどをお客様が見た時に「あ、これ知ってる」と思い出してもらえる状態。

買う買わないは関係なく、とにかくお客様に思い出されること。これが第一段階です。まずはこれを目指してお客様にアプローチをしていきます。

 

必要なときにあなたを思い出してもらえる認知

次に、お客様が何か必要性を感じたとき、自分たちの商品・サービスを思い起こしてもらえる状態。
これが第二段階です。

必要なことと自分たちの商品・サービスが結びついて買ってもらいやすくなっていきます。こうなってもらえる状態を目指してお客様にアプローチをしていくことになります。

認知ということでひとまとめになっていますが、実際は違う質ものになるのです。

ソーシャルメディア販促

 

認知段階にあわせてソーシャルメディアを活用

これってTwitterとfacebookの関係と似ています。

Twitterでは不特定多数の人にあなたの存在を知ってもらうことに役立つツールです。

facebook(ページ)ではあなたを知っている人と関係性を深めることを得意とするツールです。

それによって相手の方が必要性を感じた時に自分たちと結びつけてくれる可能性が高くなります。

とりあえず何かソーシャルメディアというよりも、自分が何をしたいのか?それにあったツールは何か?と考えることで、ソーシャルメディアをブランディングや販促に活用できるようになっていきます。

ソーシャルメディアを活用することは、チラシやパンフレット、DMなどの広告販促ツールを活用することと同じ考えなのです。

 

   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

 

小澤歩(有限会社グレイズ)への
ブランディングや広告・販促物企画デザイン、
コンサルティング・アドバイスのご相談は
こちらのお問い合わせからご連絡ください。

ブログ記事が面白かったり役に立ったと思っていただけたら
ぜひ下のfacebookいいね!などの共有ボタンで他の方にもご紹介くださいね^^
さらに詳しく「売れる」戦略を知りたい方は下のバナーからメルマガをご登録ください。

メルマガ〜売れるデザインのつくり方


Related posts:

  1. Facebookがmixiのログイン者数を逆転〜販促の可能性は?
  2. サロン向けブランディングのfacebookページを公開しました
  3. ブランディングとデザインのfacebookページ